「耳をすませば」聖地の裏側から、コンテンツツーリズムの可能性を考えよう

  • まちづくり
  • ツーリズム
  • 「耳をすませば」
  • 聖蹟桜ヶ丘
  • ジブリ
アニメ聖地巡礼などの「コンテンツツーリズム」は、地域活性化の可能性に溢れる一方で、実践に向けた課題も山積み。そんな実態を学ぶため、あの名作「耳をすませば」で有名な聖蹟桜ヶ丘を舞台としてツアーをご用意しました。大学で観光を学ぶ学生の方や、アニメを通じた地域活性化・まちづくりに関心のある方にオススメ!

日程・参加費

行きたい人募集中!

行きたい人が多くなったら、新しい日程で開催されます。
行きたい数:127

団体紹介

Display 385697 252576108166933 2049268407 n

せいせき観光まちづくり会議

聖蹟桜ヶ丘の「まちおこし」を考える会。商店主、大学生、社会人、行政関係者など、この街を愛する人々が集まる。その最初の取り組みが「耳すま」10周年記念上映会。

行き先

聖蹟桜ヶ丘駅(東京都多摩市) [ 地図を見る ]

集合場所へのアクセス

新宿駅より京王線特急(京王八王子行き)で約30分(320円)
※ ダイヤ改正等を実施する場合や、季節や曜日により運行ダイヤが異なる場合があります。ご旅行前には再度乗換案内サービス・各交通機関ホームページをご確認ください。

特徴

1 . キーワード「コンテンツツーリズム」を知ろう!

アニメ聖地巡礼は、いまや「コンテンツツーリズム」としてアカデミックな分野でも議論されます。地域活性化の起爆剤としての効果を期待されるこの現象を、ジブリを愛してやまない大学教員とともに読み解きます。
Display 51y  maeirl. sl500 aa300

2 . アニメを活かしたまちづくりの現場に迫る!

1995年の「耳をすませば」上映から10年後、とある女学生が記念上映会を商店会に提案したのを契機に、アニメを活かしたまちづくりが始まりました。それ以来続くまちづくりの現場で、生の声を伺いましょう。
Display 14991330069 87b43783ce h

3 . 一味違ったアニメ聖地巡礼!

ただの巡礼じゃ物足りない!聖蹟桜ヶ丘の活性化に取り組む石川さんによる特別ガイド付き。道中では、多摩で活躍中の歌手、証(Akashi)氏によるライブも!あの名場面に想いを馳せながら、街を巡ります。
Display 14991415190 49223a812c h

行程

9:50 「青春のポスト」(聖蹟桜ヶ丘駅西口出て左の出口付近)に集合、自己紹介
10:15 「耳すま」mapに沿ってまちあるき①+証さんのライブ(耳すまスポットごとに1曲歌っていただきます!)
11:05 cafe sakura着
11:15 毛利康秀氏(日本大学教員)らによる講義
「コンテンツツーリズムとは何か」
「聖蹟桜ヶ丘におけるコンテンツツーリズムの実践」
12:45 昼食
13:30 意見交換会
14:00 「耳すま」mapに沿ってまちあるき②+証さんのライブ(耳すまスポットごとに1曲歌っていただきます!)(雨天決行)
cafe sakura→ロータリー→原峰公園にて証ライブ(手作りウェルカムドリンク付き)、ワークショップ(地球屋ポストに投函する手紙を作成)→休憩→原峰公園出発→愛宕神社→バスで「青春のポスト」(聖蹟桜ヶ丘駅前)へ、「青春のポスト」にて手紙投函
17:00前後 「青春のポスト」前にて解散
[食事] 朝食:× 昼食:◯ 夕食:×
[宿泊] 宿泊なし

問題意識

――「エヴァンゲリオン」といえば箱根、「らき☆すた」といえば鷲宮、「けいおん!」といえば豊郷――
アニメファン達が、作品の舞台やモデルとされた地域に足を運び、旅して回る「聖地巡礼」。近年、日本各地でますます盛んになっているこの現象は、「アニメや漫画、映画、テレビドラマ、小説などの舞台を観光資源として利用するツーリズム(旅行)」を意味する「コンテンツツーリズム」という概念をあてがわれ、専門的に分析されています(1)。そしていまや、単なるアニメファンの行動様式という文脈を越えて、地域の活性化や再生という文脈で語られています。

 今回訪問する聖蹟桜ヶ丘でも、スタジオジブリ作品「耳をすませば」が20年前に放映されて以来、数多くのファンが「巡礼」してきました。その足並みは途絶えることなく、現在まで続いています。しかし、押し寄せるファンの波への対応は、初めから一筋縄で成功したわけではありません。探索コースの整備や広告の設置、住民の反対など、数多くの課題を乗り越えてきたからこそ、現在の「聖地」としての聖蹟桜ヶ丘があります。そんなアニメ聖地巡礼の先駆け的存在である聖蹟桜ヶ丘にて、「耳すま」を愛してやまない地域住民や大学教授とともに、コンテンツツーリズムの問題点と可能性について考えます。

(1)増淵敏之「コンテンツツーリズムとその現状」『地域イノベーション』第1号、2009年、33頁。

日程・参加費

行きたい人募集中!

行きたい人が多くなったら、新しい日程で開催されます。
行きたい数:127

注意事項

・街歩きの現場は住宅街となっているため、地域住民の方々の迷惑とならないように行動してください。
・街歩きは雨天決行です。雨天の可能性がある場合は雨具をお持ちください。
・行程は各日程によって細かく異なります。上記に出ている行程は、4月4日のものです。9月6日の行程は、日程が近づきましたらお知らせします。

キャンセル料規定

イベント契約の成立後払戻しはできませんので、イベント内容を確認の上お申し込みください。

関連するブログ記事

<ツアー写真>
第2回
https://www.flickr.com/photos/tourridilover/sets/72157649380740126/
第1回
https://www.flickr.com/photos/tourridilover/sets/72157646960190010/
<ツアー記事>
・耳すま」モデル地の聖蹟で、コンテンツツーリズム学ぶツアー | たまプレ!-ハイパーローカル多摩メディア-
http://tamapre.jp/news/2014/08/23/mimisuma-content-tourism.html
<参考>
・雫と聖司くんが育った聖蹟桜ヶ丘で、ひと味違った「耳すま」を楽しもう!
http://blog.traveltheproblem.com/post/93157507426
・いくつ知ってる?ジブリアニメの舞台
http://blog.traveltheproblem.com/post/93272299376
・【耳をすませば番外編〜天沢誠司のイタリアでの2ヶ月間〜】
http://blog.traveltheproblem.com/post/93366029831/2

参加者の声

2014年09月06日(土) 開催

  • この度は素敵な旅を企画していただき、まことにありがとうございました。コンテンツ・ツーリズムの可能性や限界を知ることができ、貴重な体験となりました。実際の街歩きをできたことも非常にいい経験になりました。個人的には、井上直久さんのトークショーが記憶に残っております。今後もこのようなツアーを企画していただければと思います。誠にありがとうございました。
    茨城県 男性 23歳
  • 現場の人たちの生の声や住んでいるからこそ分かる事が知れて面白かったです。コンテンツツーリズムってどういうものか、具体的に知れたり実際の例が分かって深い学びを得る事ができました。私の地元も最近アニメ聖地の取り組みを始めたので、見てみたいと思いました。
    東京都 男性 43歳
  • 学生の時から地域活性化に少し関心があったが、今回参加してみてコンテンツ・ツーリズムにも関心を持てた。アニメやキャラクターだけにとどまらずその地域自体にもっと関心がむくにはどうしたらいいのでしょう。まだまだ自分自身知識が少ないので、今回の様なツアーに積極的に参加してみようと思います。
    埼玉県 女性 24歳

2015年04月04日(土) 開催

2015年09月06日(日) 開催

Facebookコメント

企画者メッセージ

Display 10553353 664093207005491 3464921729580807983 n

中井創太

アニメにハマって早3年。いや、ジブリも合わせると早15年か。聖地巡礼にコミケに国際イベントなど、日本アニメの持つ文化的・政治的・経済的な可能性を実感する最近です。そんなアニメの可能性を、地域活性化という場面でもっと身近に感じてほしい。そうした想いから今回のツアーを企画しました。

直近開催のツアー