これからの校外学習を考える〜課題設定力強化を目指す体験型プログラム実例

大学入試制度改革、18歳選挙権、将来の地域やグローバルのリーダシップ育成…。 中高生教育においては、今後より一層自律的人材育成が求められます。
校外学習を通じた実例を、東大大学院にて教員向け講義を担当する安部 敏樹が報告します。

日程・参加費

行きたい人募集中!

行きたい人が多くなったら、新しい日程で開催されます。
行きたい数:51

団体紹介

京都リサーチパーク

《KRP-WEEK2016 開催概要》
KRP-WEEKは、京都リサーチパークが毎年開催する、「イノベーションの創出と交流の場づくり」をテーマに開催する地区のイベント週間です。
基調講演、セミナー、七夕まつり、交流会などイベントが盛り沢山! 是非ご来場ください。

行き先

京都リサーチパーク 西地区 4号館2階 Room2 [ 地図を見る ]

集合場所

京都リサーチパーク 西地区 4号館2階 Room2 [ 地図を見る ]

集合場所へのアクセス

●JR嵯峨野線(山陰線)丹波口駅下車 西へ徒歩5分
※ ダイヤ改正等を実施する場合や、季節や曜日により運行ダイヤが異なる場合があります。ご旅行前には再度乗換案内サービス・各交通機関ホームページをご確認ください。

特徴

1 . これからの中高生教育に求められるものが分かる

人工知能の発展に伴い、仕事が機械に置き換わっていく中で、人が身につけていくべきものとは?迫る2020年大学入試改革で問われる力とは?地域のリーダー育成とは?これからの中高生教育を一緒に考えましょう。
Display dscf7118

2 . 校外学習の豊富な実例を紹介

チームビルディング、サスティナビリティ、リーダー育成、グローバル人材、起業家精神、地域の中核人材育成など、各学校のテーマや課題に合わせながら、様々な現場や人々を訪れるプログラムを実施してきました。
Display img 2630

3 . 今後可能になる様々な校外学習コンテンツを紹介

「課題先進国」とも言われる日本。次世代を担う子供たちに今から考えてほしい課題は何か?現場では何が起こっているのか?
目で見て感じるのは課題の不条理だけでなく、解決に真剣に取り組む大人たちの姿です。
Display 13234982 1782562308629821 449712724 o

行程

日時:8月2日(火) 13:00~15:00
場所:京都リサーチパーク 西地区 4号館2階 Room2
参加費:無料

※先着定員100名
※講演形式となります
[食事] 朝食:× 昼食:× 夕食:×

問題意識

集団行動や自主計画の実践、「クラスのみんなと思い出作り」の観光、寺社仏閣巡りや伝統工芸品づくり体験。これらは修学旅行の定番メニューですが、このような校外学習のあり方が今見直され始めています。
修学旅行は時間とお金が約束された、教室外に飛び出す貴重なチャンス。何のために、どんなことをするのが、生徒さんや保護者のためになるのでしょうか?
先生方と一緒に考え続けていきたいと思います。

日程・参加費

行きたい人募集中!

行きたい人が多くなったら、新しい日程で開催されます。
行きたい数:51

キャンセル料規定

イベント契約の成立後払戻しはできませんので、イベント内容を確認の上お申し込みください。

参加者の声

  • プレゼンの導入の仕方などいろいろなヒントをいただき、ありがとうございました。 具体的にどんな研修をメンターとなる大学生にしているのか、そしてできればどんな研修をしているのか具体的に知りたいと思いました。 また、今後スタディツアーについて色々ご相談できればと思っています。今後とも宜しくお願いします。
    兵庫県 女性 43歳 (2016年08月02日(火) 参加)

  • 大友さんのプレゼンが、「余白」わまもありましたが素晴らしかったです。
    大阪府 男性 36歳 (2016年08月02日(火) 参加)

Facebookコメント

企画者メッセージ

Display img 4777

大矢裕子(教育旅行事業担当)

社会課題を構造化したり、解決策を考えることは簡単ではありません。しかし、大学生のファシリテーターの問いかけにより変化していく生徒さんの姿には毎回驚かされ、感動しています。生徒さんの新たな一面や能力に泣き出す先生もいらっしゃいました。ぜひその様子をお伝えできれば幸いです。

直近開催のツアー


意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 111

ツアーレポート